もものお散歩日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 震災を経験して…まずは「住林の家」に感謝!

<<   作成日時 : 2011/03/17 15:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 9

画像

自分が暮らす茨城県は、昔から大きな災害に見舞われることのない地域として知られている。
それゆえ今回の「東日本大震災」は、水戸市在住の自分にとって、そしておそらく、この地域に暮らす殆どの人たちにとって、未経験の地震であり、災害であったと思う。
今振り返れば、地震がおきた時間、仕事のスケジュールがずれ、自分はたまたま家に居ることができたので、とても幸運だったと思う。なぜなら、地震発生時、ももをすぐに抱きかかえて安全な場所にじっとしていることができたからだ。
今回の地震で、震度よりもマグニチュードの数値の重要性を再認識した。同じ震度でも、マグニチュード指数が大きいほうが、揺れる時間も形態も全くことなるのだと知った。
水戸市は、震度6強だった。映像を見る限り、宮城や岩手に比べれば、たいしたことないと思える。しかし直後は、モノが落ちて家の中が散乱し、「大惨事だ」と感じた。確かに、自分が今まで経験したことのない「大きな揺れ」そして「揺れの時間の長さ」であった。あの5〜6分間は、「早く揺れが納まること」だけを願っていた記憶がある。
ようやく揺れが収まり、ガラス類が割れた床に、ももを下ろさないように注意して、ひとまず屋外の車にももを退避させた。普段から、車の後部座席が、ももの第二の部屋になっていたのは幸いだった。ここなら、ももも一安心できる。日中で快晴だった為、停電していたが、明るかった。外では、余震で近所の家の瓦が次々に落ちていくのが視界に入り、恐ろしくなった。
大きな余震が納まってから、家の中の安全確保につとめた。当面の歩行ルートからの危険物排除、上からの落下を避けるため、棚上に残っていたモノをおろす、などなど。そして、ひとまず非常用パッキング開始(もものフード、水、人の非常食など)し、じばらくは車に非難。ついでに、ラジオで状況を確認。ここで改めて、大災害であることを再認識した。
水はとまりつつあり、停電している。ガスは緊急停止中。災害の大きさからライフラインの復旧には、最低3日はかかると判断(一応、水戸市は県内では都市部扱いになると考えた)した。家の中をチェックした結果、2階の寝室がモノも少なく殆どいつも通りの状態だったので、ここで過ごせば大丈夫だろう、と家族会議で判断し、この日は、みんな一緒に2階で過ごすことにした。日が暮れてきたので、無駄には動かないほうが良い。片付けは、明日やろう、ということで余震の続く中、一夜を過ごした。
日が開けて土曜、この日も快晴で良い天気。少し気分を晴らして、ひとまずももの朝の散歩から一日の行動を開始した。これなら近所の状況も確認できる。やはり、屋根瓦の落ちている家屋が多かった。でも、ご近所さんも、ご近所ワンコたちも、基本みんな無事が確認できたので一安心した。まあどの家も、一様に家の中は大惨事らしい。
その後、早速、片づけを開始。
あらためて家を再度チェックしてみたが、大きな被害はなかった。玄関のタイルが数枚はがれたり、壁紙の一部に筋が入ったりしたが、大きなズレや壊れはなく、モルタルの外壁に皹もない。我が家はスレート瓦だから、もとより地震でも瓦は落ちない。扉もすべて順調に開いたので、ねじれたよれも無いらしい。近所では、玄関扉などが閉まらなくなった家もあったのだ。
さらに功を奏した点は、本棚や食器棚がすべて作りつけの壁付け家具だったこと。これで家具倒れが無く、食器棚(YAMAHAのシステムキッチン)は耐震機能が働き(専用ストッパーが扉内側についている)、扉が開かなかったため、食器の飛び出しもなく、中の食器は9割9分無事であった。そんな訳で、土曜日の段階で、家の片付けはほぼ終了した。もちろん、余震があるので、棚上のモノは下に下ろしたままだが。
阪神淡路大震災にも強かった、住林の家。情報としては知っていたし、それも工務店選びのひとつのきっかけとなったことは間違いないが、しかし、自分が暮らす一生の間に、こういう形で、それが実証されるとは思いもよらなかった。家がほぼ無傷だったことで、どこにも避難せずに過ごせたし、今、こうしてブログを書くことができるのだ。本当に良かった。ひとまずこの家に感謝したい。
それから、家族がみな無事だったことに感謝。ご心配頂いた方々にも感謝。東北の友人たちと連絡がとれたことにも感謝
この地域も、ライフラインが確保されたので街は一生懸命に復旧中である。
今はただ、早く物資流通のための道路事情が回復し、福島や宮城、など東北方面への救援ルートが回復することを祈るばかりだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
プラダ メンズ
震災を経験して…まずは「住林の家」に感謝! もものお散歩日記/ウェブリブログ ...続きを見る
プラダ メンズ
2013/07/06 14:51

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
nemokaさーん!
無事だったんですね、良かった!
心配してましたよ〜。
家のほうも殆ど被害がなかったようで・・・良かったですね♪
まだ余震が続いてますので注意してくださいね。
のり
2011/03/18 21:18
のりさぁん
本当にいろんなことに感謝です。余震ホントにずっと続いてて最近何もなくても揺れてる感じがしちゃいます。お互い無事に過ごしましょうね!
nemoka
2011/03/18 23:51
無事で本当によかったです!
ライフラインはすべて復旧したんですか?
nemokaさんの冷静(そのときは必死だったのでしょうが)な対応、すごいですね。
阪神淡路大震災の経験者ですが、きっとオタオタしてなにも教訓になってなさそうです^^;
余震が続いていますが、どうかお気をつけくださいね!!!
みどりん
2011/03/19 02:39
みどりんさん
私の地域はライフライン復旧しました。でもまだ同じ市内でも水がきてないところ、県北部地域など完全復旧ではないようです。今はガソリンがないので自転車や徒歩で動ける近隣にしか移動できず、とりあえずこのまま数日過ごすしかないと思います。来週になれば、またいろんなことが打開されてくると思います。ホントにありがとうございます(^▽^)
nemoka
2011/03/19 09:11
無事でよかった!
ご自宅の被害も最小だったようで何よりです。
お友達とも連絡がとれて良かった。

こちらは震度5強でしたが、幸い自宅の食器棚は無事で本棚が倒れただけでした。
まだまだ余震が続いてますが、お互い気をつけて過ごしましょう!
うるうる
2011/03/19 13:30
Nemo姉
茨城も酷いとの情報で直ぐにブログを確認に来ていたのですが、
今また大きな余震があったようなので再確認に伺いました!

落ち着かれたらまた更新なさってくださいね!
こちらは被害らしい被害はありません。
うん!こちらは大した事無いです!!
こぎ
2011/03/19 19:15
うるうるさん
ホントにお互い無事でなによりです。本当に余震ばかりでなかなか落ち着いて眠れませんが、頑張りましょう!

こぎさん
さっきは5強の震度でした。でも5台なら、冷静に耐えられるくらいに慣れてきました。恐るべし人の対応力!こぎさんの地方も余震の影響あるでしょうから、どうぞ気をつけて下さい。もちろんお互いに、ですねo(^-^)o
nemoka
2011/03/19 19:49
阪神大震災の時もそうだったの。神戸大阪では大きな震災はない!ってのが定説で。6強!!ウチの古家(築40年弱)きっとぺしゃんこ(><)
地震に強い家で守ってもらえてよかった。ほんと。
その上ももちゃんと一緒にお家にいられたのが幸運。ももちゃん一人だったらパニックでガラス踏んじゃってたかも??
ブログのお友達も仕事場から歩いてお家まで帰った方多数。

でもこれからがいろいろ大変かも?頑張って乗り切って!!
今年の秋には関東行くで〜〜!
ちゃこ
2011/03/24 13:58
ちゃこちゃん!
だよねえ〜。
ホントびっくりしたよ。我が家は、もろもろ幸運だったと思います。
今は、千葉の海浜地域の被害状況みて、かなり驚いています。
まぢで液状化って怖いものだ〜って思い知りました。
改めてほどほどの田舎に暮らしに感謝です。
秋、楽しみ!絶対ちゃこちゃんに会いに行くからね!!
nemoka
2011/03/24 14:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
震災を経験して…まずは「住林の家」に感謝! もものお散歩日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる